忍者ブログ
無印+INFILL 木の家を建てた ぽておの普通の日記
カウンター
最新記事
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ぽてお
性別:
男性
職業:
こどものはいしゃ&保育士
自己紹介:
管理人ぽておの日常と木の家を建てるという非日常
ブログ内検索
フリーエリア


[155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



第2話。
そんなにいい話ばかりではありません。
歯医者は嫌いな子のほうが多いのです。

過去には、
ママ、この人、ゴミ箱にすてて~って言われたことだってありますし、
何人もの患者さんを網でくくりつけて、治療しました。

やはり一番大変なのが、怖がりな子。
小さければ、問答無用、網でくくりつけて、治療するのだが、
さすがに3歳超えると、それは難しくなります。
そこで、なんとか、コミュニケーションをとりながら、
自信をつけさせながら、
治療していくのだが、
先日も、4歳の子。
お兄ちゃんは弱虫だったけど、
本人は勇んで治療台に乗ったので、
大丈夫だと思って、
治療を始めていくと、無理。
その後は、30分ほど、治療台で押し問答。
こういう治療できるかできないかくらいの子に
一度怖い目を合わせると、
その後の治療が大変になります。
ぼくの見誤りです。

正直言ってこの治療できるかどうかの線引きは、
ぼくの経験と勘やコミュニケーションなどを総合して行っているので、
うまくいかないとちょっとブルーになります。
それ以上に、保護者や本人が大変になるので、
もっともっとしっかり線を引けるようになりたい。
急ぎすぎず、引っ張りすぎず。というのが難しい。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]